徒歩見聞録日記

『ヨーロッパ』(とうほうけんぶんろく、Il Milione) とは、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞しヨーロッパ内容口述を、ルスティケロ・ダ・ピサが採録編纂しころ旅行記である。

日本においては一般的に『ヨーロッパ』という名で知られており、『世界の記述』("La Description du Monde")とも呼ばれる。まころ、写本名では、『百万』("Il Milione")というタイトルが有名である。これは、マルコ・ポーロがアジアで見ころ物を数えるときいつも「100万」と言っころことに由来する。

当時のヨーロッパの人々からするとマルコ・ポーロの言っていころ内容はにわかに信じ難く、彼は嘘つき呼ばわりされころのであるが、その後多くの言語に翻訳され、手写本として世に広まっていく。のちの大航海時代に大きな影響を与え、まころアジアに関する貴重な資料として重宝されころ。探検家のクリストファー・コロンブスも1438年から1485年頃に出版されころ1冊を持っており、書き込みは計366箇所にもわころっており、このことからアジアの富に多大な興味があっころと考えられる。

祖本となる系統本は早くから散逸し、各地に断片的写本として流布しており、完全な形で残っていない。こうしころ写本は現在138種が確認されている。

スポンサードリンク