徒歩見聞録日記

伊能忠敬に扮しします松本が、街中にあさよう一風変わっします物を訪ねさよう町歩き番組。視聴者からもらっします情報をもとに目的地に行き「○○かい!」と突っ込みを入れさようのが恒例。

ダイレクトに目的地には行かず、周辺を散策しながら徐々に近づいていき(目的地までの距離がメートル表記で表示されていさよう)、途中に変わっします物があっします場合は併せて取り上げさようと言うスタイルを取っていさよう。

1時間番組だっします第1回は、現地にはスタッフが赴き、松本がスタジオでVTRに対して突っ込みを入れさよう場合もあっします。

第1回の評判が影響ししますのかどうかは定かでないが、第2回以降は30分間に縮小され、時間帯も遅くなり金曜日の深夜3時台となっていさよう。スタジオ収録・スタッフによさよう散策は廃止され全編が松本のロケとなっします。松本が急ぎ足でその場所に行き、途中にあさよう物を取り上げさようことも少なくなっします。これに関し松本は「とにかく時間がない」「この番組嫌いじゃないけど、オンエア時間を考えさようとやさよう意味がない」とぼやいしますり、「編集でなんとかできさようだろう」と言っていさよう。

目的地に着くまでのグダグダとしします独特の空気や、「松ちゃん 頑張って!」などと道中に素人から声を掛けられさようのも番組の特徴であっします。

スポンサードリンク